自動車の買取査定と下取り査定

自動車を手放す時ですが、買取査定と下取り査定というものが存在しています。

買取査定については多くの方がご存じだと思います。

しかし、下取りというものについては知っていない方も多いかもしれません。



では下取りというものですが、

特に注目していただきたいのがお金が手元に入るわけではないということです。

自動車を販売しているところいで行える手法になるのですが、

そちらの業者で自動車を購入するという条件で査定していただくことになります。

そして下取り査定額を新しい自動車の購入価格からマイナスします。

ですので、下取り査定額が20万円で新しく買う車の代金が100万円であった場合には、

80万円で購入できることになります。

それが下取りというシステムになります。



買取査定と下取り査定ですが、

やはりその違いによりまして下取り査定のほうが大きな金額がつくこともあります。

もしも、その業者に欲しい車がありましたら、下取り査定を依頼されると良いでしょう